bvt

「創造のための教育論」 No.305

先生は、その肩書、地位を与えられたら誰でもできるものです。人は、誰でもその気になれば教えることができるものだからです。むしろ、教えられる方が、ずっと難しいのでしょう。

教えるというのは、そこに今までなかったものを引き出すことが狙いです。知識などは、自分で調べればよいのです。ないものをつくりだすには、それが出てくるのを信じる力をもつことです。

私はこれまで相手が、こちらが教えたこと以上のこと、教えてもいなかったことを学び、成し遂げられるのを見てきました。

そのために、知っていることを教えようとしないことを気をつけています。すると、それを覚えることしか相手は考えなくなるからです。

同じことをくり返し、そこで同じようにみえても、同じでないことに気づいていくことを促します。

何を学ぶべきかを知らなくとも、何かが出てくる、何かを知っていると信じられることの方が大切です。

理解を超えたものがあるからおもしろいのです。

自分が知らないことを教える。

先生の知らないことを学ぶ。それが、レッスンという共有された場の力です。

教えられないことが、教えられたことを超えるのです。

それこそが、知識でない―知恵、発想力、創造力です。