bvt

レクチャー・レッスンメモ No.290

○個縁と表現
好きと秀でている
個性と器用
演技と表情
グローバル化
可能性と限界
ものまねとオールデイズ
なごむ
元気出る
唱える
気品とパフォーマンス
大長汚く

1、 くり返す
2、 大きくする(できる) 
高くも大きくも長くも太くもできる

1、 効果 バランス 浅  共鳴 響き 頭声 胸声
2、 鍛錬 (芯) 深

1、 高さ
2、 大きさ
3、 長さ
4、 音色 共鳴 母音(太さ)
5、 発音 子音

頭-胸-胴体-全身

声域より声量より音色(音質)
声は音色、声量と共鳴
高低、大小、母音
力が働くように
重太深大 効果と量
抵抗 拮抗 負荷

○息の流れまわす
支えと呼吸 空気を送る
床と天井への共鳴
長い曲より1フレーズ
赤ん坊 大きく
瞬時の切り替え
七つの声
ハイ ライ アオイ
日常と逆転
深い息と深い声
ホイットニーの技術
ga-o-e-ハミング
濁音での子音

○そろえるかかえるか
母音 高さ 大きさ 長さ
統一か応用か
共鳴の具点化
ノーマルと爆発
勢いと強さ
力まないに抜けると抜く
顎が固い 引く
舌をかむ 平にする
弱いところの支え
引いていく
制限してコントロール
豊かな音色
前に響かせない
喉鳴らさない
なつかしみ しみじみ
音色の多様性とシンプル

○一つのメニュの多くの目的
一つの目的に多くのメニュ
音楽的かせりふか
のって伝える 伝わる
知識と原理
積み重ねられるものを選ぶ
声とセンス 相性
練習量と喉のキープ
細くて通る声
力み 音色の扱い方
とばさない
ん-ma-ん