bvt

レクチャー&レッスンメモ No.305

思考やメンタルと行動実践の両立 自己実現は、他力実現、世界実現へ いま、ここで、いつかどこかで いま、ここで実現しつつ、開かれて生き生きしていること 考えるより感じること 動的、系的、重層的、鎖状 しゃべり方の調子と気持ちの持ち方 接し方対応、録…

〇方言と共通語 No.305

〇方言と共通語 私は転校が多かったので、そのごとに、その地方のことばを覚えました。いわゆる方言です。 もし、あなたが地方にいて、いつか東京や大阪に出るとしたら、ことばにギャップを感じ、音声を学び出すかもしれませんね。海外の国に行くときも、そ…

「創造のための教育論」 No.305

先生は、その肩書、地位を与えられたら誰でもできるものです。人は、誰でもその気になれば教えることができるものだからです。むしろ、教えられる方が、ずっと難しいのでしょう。 教えるというのは、そこに今までなかったものを引き出すことが狙いです。知識…

「自力のつく学び方」 No.304

作品でも人でも、まずは、惚れ込めるか、感動できるか、そこまでいかないなら、好きであるか、そこからスタートするのがまっとうでしょう。 好きになるほど、悪いところがみえなくなります。あばたもえくぼなのです。 この、みえないうちに自分の内なるエネ…

「作品と仕組み」 No.303

いかに変人で孤高であっても周りに認められていく天才を除いて、多くの場合、人は、現実に社会的な接点をつけなくてはなりません。まして、自らが何かを創り上げていくというのなら、芸だけでなく、人との関係を創り上げていくわけです。そんな大げさなこと…

レクチャー・レッスンメモ No.302

身体と性格が出てくる 意識のもち方 集中度のチェック、自己分析で評価してみる みえる、気づく、つかめる、力をつけていく 勘、感覚を磨き続ける さらけ出す勇気 あり続けること エネルギーの使い方 上達 生きる力 学ぶ力をつける スポーツを基に考える 同…

○アーティキュレーション(articulation)滑舌 No.302

これは、音の切り方、次の音との続け方、歯切れ、滑舌のことです。聞いていて歯切れがよいというなら、アーティキュレーションがよいといえます。 そのためには、滑舌がよい、つまり舌が滑らかに動いてつっかからず、ことばがスラスラと出てくるようになるこ…

「伝統は、革新」 No.302

何ごともめんどうなことをとことんとりくんだところにしか価値はでません。 それは、変革しつづけ、やりつづけ訴えつづけないとやがて消えてしまうのです。 伝わってきたものを学び、継承、伝承するのでなく、革新することでもっとも本質的なことにつながる…

「初心と守破離」 No.300

「守破離」ということばがあります。どこでも、破ったり、離れたりしないで守りに入って固まってしまう人がいます。日本人は、特にそれを美徳とする傾向があるようです。破る離れるというのは、反抗するとかやめるとかいうような表面的なことではありません…

レクチャー・レッスンメモ No.299

方法が目的になる。 習得することはエゴの強化になる。 内を見つめる、自分でなく神を。 平和な世界へ移るのでなく、今、ここを変えていく。 悟りに囚われない。 わけのわからないことを説く。 囚われていることと、その心に気づくこと。 他の力で解決しよう…

○母音の発声トレーニング No.299

胸の深いところで「I、E、A、O、U」と言ってみます。このときも、ひびきや明瞭な発音よりも、確実にしっかりとした声として出すことを心がけてください。 ○母音の発音[改訂版] (母音の発音 母音、ア(a)イ(i)ウ(u)エ(e)オ(o)は、舌の…

「気づまりで気づける」 No.299

人に会うこと、場に出ればエネルギーは入ってきます。疲れることも後味の悪いこともあります。敏感な人、気の弱い人、ナーバスな人なら、なおさらです。しかし、その心地悪さを感じることでよいのです。そうしている間は、あなたは成長します。 心地よいのは…

「ヴォイトレと科学」 No.297

声の科学などは、物理、生理学者のためのところにあり、教育学や医学には、それなりに関係しても、ヴォイトレそのものにはほとんど影響しません。科学的なことの信仰者が多くなったのは、スポーツやエクササイズ、健康食品などでの科学的実証ブームのせいも…

○泣き声から母語学習まで No.296

生まれてオギャーと泣く声が産声です。これは、初めて肺で息をして出した、感動すべき一声です。おかあさんの羊水から外に出され、水を吐き出し、空気を吸い、肺をふくらませて、水中生物から哺乳類になったのです。 しばらくすると、赤ちゃんは喃語(なんご…

「知的につれづれ」 No.296

知とは観念ですから、知ると、それで判断します。断じたところで、他の事と矛盾、衝突します。 今は、同じものを日本語と外国語で読んで、お互いに違うと言い合っているようなのが、この業界です。状況としての現実に、支配されるのは、変化を起こす力を養う…

「Voice Detox」 No.294

1.リーダーの力 医療も教育も、このところ、日本の改革は失敗続きのように思います。今の日本、社会のリーダーの立場たる人が、いかに未熟なのかということです。これは、私が、そこに近い年齢になってわかってきたことかと思ってもみましたが、若い人も、今…

レクチャー&レッスンメモ No.293

課題を膨らます柔らかくしなやか全体から1フレーズベストの組み合わせ4フレーズで本質をつかんで基準をおくスキャット声から歌器の内外可能性の限界限界からの応用応用のための基礎ガゴガガゲガ喉をあける無理に入れない下げるこもらない掘らない回さない含…

○生まれたときからヴォイトレ! No.45

今、あなたが○○歳だとします。すると、「ヴォイトレはしたことがない」「ヴォイトレは初めて読む」「これから始めたい」というあなたでも、すでにほぼ○○年のヴォイトレ歴を持っているのです。ここでのヴォイトレの定義は、人に教えられるのではなくとも、自…

「理想の場」 No.293

お互いによくわからないままに、そのつながりを超えた何かに触れている、先生と生徒でもない、人と人でさえない、そんな場が好きです。幸いに、私自身はそういう経験をたくさん味わえました。以前の教室でも、全体で行われていたときもあれば、そのうち1人、…

「次代のゆき手」 No.292

文明は、硬く四角く乾き、文化は丸く柔らかく潤っているような気がします。自然、生物は前者、 技術、生産物は後者なのでしょう。 つくったものは、角ばって硬く、乾燥しています。生きものは、丸く柔らかく水っぽいものです。男女であれば、女性が後者にお…

「自我と自分」 No.291

応用は、周りの求めに合わせる自分で、向う側からみた自分、その対応能力です。それに対し、基本は我、今ここにある自分、ただある自分、地力ともいえると思うのです。 生まれたばかりのときの我がままな我に対して、育ち、経験でつくりあげていく自我とみる…

レクチャー・レッスンメモ No.290

○個縁と表現好きと秀でている個性と器用演技と表情グローバル化可能性と限界ものまねとオールデイズなごむ元気出る唱える気品とパフォーマンス大長汚く 1、 くり返す2、 大きくする(できる) 高くも大きくも長くも太くもできる 1、 効果 バランス 浅 共鳴 響…

「自戒」 No.290

私は、レッスンの場は、神聖な場だと思っています。何も聖人が集うところでないし、生身の人間に使って欲しいから、どんな人であれ、真摯に臨みたい人であれば、受け入れています。レッスン以外の場での、その人について、どうこういうことは一切ありません…

レクチャー・レッスンメモ No.289

○「声帯だけ使った声」は、イメージ例であり、体や息で押さない押さないが息は使う、共鳴の効率と声の芯の問題ロングトーンでの確認声の生理を踏まえるデッサンのための基礎の発声ピッチ、響き、ビブラート、あくび-単発でやっても先はない音声の扱いを身に…

「レッスンでの対応」 No.289

インフォームド・コンセントのせいでもないでしょうが、何でも詳しく説明されることを求める人が多くなったように思います。褒められることが好きな人も多くなったのも、今の日本の特徴かもしれません。 その流れで、何でも何とか褒めるものを見い出せる人が…

レクチャー・レッスンメモ No.288

○本日のレッスン1、共鳴の処理 語尾の処理2、ことばとメロディの一体化うたい、ノンビブラートの伸びを避ける甘さ 音色 色付け 艶について、柔らかく ○頭蓋骨がみえるように共鳴-発声-ことば-息-体響く-汚れる 響かすシンプルにpp<ff ppでの声の芯 ○…

「眼の人と声の人」 No.288

日本人が、元より自由を求めないで自主規制する。その傾向が、ますます高まっているように思われます。有事に対し、無口になる、無言になるのが日本人なのでしょうか。 かつては対話の決裂でけんかする欧米人に対し、対話もなく無言からいきなり罵り合い、け…

レクチャー・レッスンメモ No.287

○「英語声」西村先生と対談 人の吐く息―H=人を表す太陽、月、水(水面)ことば以前 喃語・オノマトペ共鳴の変化での伝達(ノンバーバル)概念づくりと体感日本語 象形文字、日本人は、正したいから書く音は不明瞭、聞く人によって変わる 日本語こそ子音でよく…

「声の出ない体」 No.287

声の出ない体をみることが多くなりました。 今の日本の話です。教育によって教わらなくては物事は学べないということで、誰かの認めた基準に合わせようと躍起になっているようにも思います。そこは正論や善悪という基準によっているのでしょうか。歴史を学べ…

レクチャー・レッスンメモ  No.286

お座敷芸―日本料理、和食と歌ローカル 現地化ご意見番の不在声のパワーは対決せまる 坐する文化基本と基準のとり方イントナティオン―アーティキュレーション芯、音程、メロディのなかにある芯 松たか子、挿入歌、劇中歌、ドラマ、ストーリーMayJ、エンディ…

「本物の音」 No.286

有明の埋立地で横澤氏の石笛を聞かせていただきました。その演奏は、私たちに、というより四海を超えたところ、天地とのパフォーマンスのようで、強い衝撃でした。場によるものかもしれません。圧巻でした。本物はすぐにわかるんだと。歌や邦楽やオペラは人…

レクチャー・レッスンメモ No.285

高・大・音色 発育aーiよこ a―u奥 aをたて抵抗 拮抗 ひびかないがひびくように花―茎ー根 腹圧声域×声量×声質声の芯 必ずしも共鳴させない強い声 きれいな声個性 バランス繊細 丁寧くせ 素直低い声づくり 押した声 固いベリでも ドラマティコ軽く 表情筋 P…

Q.レッスンで、トレーニングを指示するときの目的は。 No.285

A.いろいろとあります。あえて言うなら、漠然と行うのでなく、特定の箇所を意識して行わせることでしょうか。そのことによって、そこが調整されたり強化されたりすることになります。 ただし、喉の強化については、どちらかというとタブーとされてきました…

レクチャー・レッスンメモ No.284

低中意識の強化高音域パワフルマーナーガ芯と共鳴包み込むモノトーンから色つや形を取り除く同じにするガマゲメ体と結びつける開くこととみることことばのおきかた体―息―声―共鳴頭の上下・左右・前後呼吸と霊気保前?君子と中川マリ不自然 硬い 無理かざつく…

「歌手は残れるのか」 NO.284

私は、お笑い芸人の声力のすぐれている例をもって、歌そのものの力の弱体化、それゆえにファンが離れ、社会的影響力を失ったことを述べてきました。 私は、役者もお笑い芸人も、歌手と同じくアーティストとして同一に扱っていたのですが、特に、歌い手の、声…

レクチャー・レッスンメモ No.283

流れつやけし5、6のルール必然的60-90を30-75にハスキー弱く使う多く息づかないわざとらしくなる勢いの受け止め伏線距離リアル計算レイアウトグラデェーション向かい合う感覚からの言語化意識改革歴史 日常 性格笑顔を歌から学ぶ

「“伝承”から“伝統”へ」 No.283

継承されていくもの、革新されていくものと滅びていくもの、これは、どんな世界でも同じです。人々の求めているものは変わっていきます。そして、一方で変わらないものもあります。その両方に対応していくのが、芸の本質です。時代を変えていく表現と、いつ…

レクチャー・レッスンメモ No.282

ひびきの集約 つなぐ ナポリターナ 共鳴の場所 構成、メリハリ 声の重さ 質感 点 あがる 変える⇔キープする 面 声色 口数減と声の深さ 体調 話すこととせりふ 硬 冷⇔柔 温 ふくらはぎと腹 ハイリターン 音色の豊かさ 感情 統一色 ルール 個性 フレーズの複雑…

「“伝承”」 No.282

一人の師や先生を、ここではトレーナーということばでくくります。一人の弟子、生徒、お客さん、患者さん、これは、私のところではレッスン受講生と呼んでいますが、生徒とします。どのことばを選ぶかでかなりニュアンスも異なるのですが、それをあえて無視…

レクチャー・レッスンメモ No.281

器→歌、フレージング 陽水(個性の音色フレーズ) ヴィジョン 耐久力 器大きく 深く>歌声 口内 妨害をトル 3次元 倍音共鳴 レッスン 一人でやれないことをやる どこをみるか よいかわるいか 強さ しつこさ ロングトーン 細く 踏み込み太く ため/つめ 息の…

「Q.脳の研究は発声にプラスですか。☆☆」No.281

A.脳細胞の働きがよくなったなら、頭も声もよくなると思いたいものですが、脳の細胞の働きと必ずしも関連がないのです。それどころか語学学習などでは、できるようになるほど、脳の言語中枢活動は低下しているそうです。 私は、α波研究の頃から関わってい…

レクチャー・レッスンメモ No.280

1、発音<発声 2、高/大/長/質 ハード ソフト 生理―演技 なりきりの声 声楽と役者の表現差(死ぬときの声) キャパ 体 息 声 続ける の勢い 絶対量 たべる ねる 母音 固める、抑える 最終目的 詩吟 漁師の声 ×ハスキー ×小さい声しゃべる ×高い小さい声…

「医者のタレント化」 No.280

TVから雑誌、本まで、マスメディアでやたらとお医者さんの出番が増えているように思います。でも、そこでもてはやされている医学的根拠などというもののほとんどは、人の体でいえば、その表れた結果への後付の解釈にすぎません。事故の骨折など、単一の原…

レクチャー・レッスンメモ No.279

振動と神経 共鳴の方向性 ポイントのマーキング 拮抗ということ イメージの引き出し 1、 筋トレ 2、 集中と休み 3、 体力、柔軟 呼吸 浅―深 ピーク 長く 20→40秒 ←20秒のなかでリピートして20秒保つ 節回し 4行2分間 8行4分間 詩情を入れる 体の力みとバ…

「信じるということ」 No.279

調整はともかく、トレーニングであれば、どんなメニュでもちょっとしたことで、悪い方向に出ることもあります。一時的に悪くなることもあります。(一時的も短かったり長かったりします)そうあってもよいのです。 ずっと悪い方向にいって戻れなくなってしま…

レクチャー・レッスンメモ  No.278

学んで死んでいくこと 心の中に、真理も他人の心もある。 修行が成り立つ。 自分の身体を使うこと。 師の直伝、以心伝心で得る。 音読―読経 念仏 口密(法然、日蓮)呼吸法 身密(道元)の話 毎日の習得が大切 過去の一般化をしない 「いつも」「みんな」「…

「トレーナーの考えと自分の考え」 No.278

私のところのトレーナーは、「これは自分の考えです」と言うことがあります。それは生徒さんが、他のトレーナーにもついているため、配慮してということもあります。しかし、事実もまたそういうことだからです。 トレーナーのアドバイスを取り入れるのも、無…

レクチャー・レッスンメモ No.277

ひき 力 メロディ聞こえる 相似形シンクロ のどガラガラ 中国と韓国 自由度 息 体づくり Position 感覚低下 サ行タ行 感情と感激 感動、敏感 リラックス 習慣と環境変えること モチベーションの維持 それをやり続けられるシステム仕組みづくり くり返しでな…

「日常のこと」 No.277

日常の態度や行動などは、その人が世の中でやれていくのかどうかをみるのによい指標になります。いかに声や歌がすぐれていても、すぐれているということと、世の中に通じる、認められるということは違います。声だけ聞いてほめてくれるのはトレーナーだけで…

レクチャー・レッスンメモ No.276

基準つくる 基準そのもの ぶっつけ 切り方 流れ リズム 流れている 切れ 間 プレゼン レール 社交術 プロ 初心者 スケール きれい 器用 くせ 不自然 祭りと野性 表情筋 声を掘る 男っぽい 詰まっている 押している 大きさとメリハリ 強くとゆっくり 大声、驚…